Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実は今、人生6回目(うち6回が仕事)のホノルルです。
と言っても、明日(こちらではもう今日)帰国するんですけどね。

この前、タクシーに乗ったら。
「アンタらはdiplomat(外交官)かい?」と、運ちゃんに言われました。

確かに、行き先は日本領事館の近くですし。
場にそぐわないビジネスバッグを持ち、カジュアルとはいえジャケットも着ているので。

「確かにそう見えますよねー」なんて、上司と話していたら。
「そういや、アンタはHarry Potterに見えるな」と運ちゃんに言われました。

「xxさん、Harry Potterに見えるって言われてますよ(笑)」と本気で上司に話をふったら。
「いや、お前のコトじゃねーの?」と返されたので。

「んなわけないっすよー、じゃ聞いてみますかー」ということで、確認したところ。
あっさり、「左側のアンタ(つまり私)のことだよ」と斬られてしまいました。


うーん。
性別と眼鏡以外には、共通項は無いつもりなのですが…。

子どもっぽく見えてしまったのでしょうか?
さすがにこの歳になると、若く見えるのも、素直には喜べナイです…。


今回の出張は今回の出張で、やることがたんまりあり。
夕食は、ホテルの自室でハンバーガーやサンドイッチとビール、ってな感じでした。

ハワイ出張自体は、なんだかんだ言っても、大好きなんですけど。
やっぱりもう、自分にとってこの地は、完全に戦場ですね…。

父親が定年退職した後の両親に、「案内して」と迫られても。
恋人に、「結婚式はハワイで」とねだられても。

にべもなく、一瞬で断る自信があります。


さ、次にやって来るのは、また年明けかなー。

スポンサーサイト
フェスタでした、この土日は。

一番、印象に残っているのは。
きぐるみ史上最大級のバランスの悪さを誇ると思われる、アースくん。

東京都下水道局のキャラらしいです。
わざわざ、横浜まで出張してくれたみたいです。

20081026_1.jpg
決してかわゆいとは思いません


横浜の同系キャラ、カバのダイちゃんのいびつさも、相当なものでしたが…。
前も見えないでしょうし、倒れたらまず自分では起き上がれないでしょう。

酔っ払ってたら、思いっきり延髄切りを喰らわしていたかも。
この体形ではどこに延髄があるのか、さっぱりわかりませんけどね☆

20081026_2.jpg
露骨過ぎる見せファスナーが逆にsexy


で、このイベントにスタッフとして参加するのは、今年が最後だと思われます。

まず、食販ブースでステキな民族料理が堪能できるのに。
仕事中だから各国のビールやワインがいただけないなんて、ありえません。

そして、面白い人たちと面白いことができたから。
このお祭りは、楽しかったんだなぁと。

そうでなくなった(あるいは"そうではなくなりそうな")以上、参加する理由もないなぁと。
そう思うわけです。


ま、一年後の自分が何をどう感じてどう判断してるかは、わかりませんけどね。

前回の出張後、成田から横浜に帰るバスの中で。
いろいろ妄想していたら、それはそれは幸せになりました。

『9月のこの連休の並びからしたら…11連休!? どこにいこっかなー』
…みたいな感じです。

でも、この1週間でしっかりと自覚できました。
たった1日研修で不在にしただけで、山のように積もっている仕事。

そういえば、出張中も、1日3時間睡眠まで削らないと回っていなかったような…。
※日中は現地で打ち合わせ漬け、夜になったら日本からのメール処理

まるまる1週間、ましてや11日間なんて休めるわけねぇ。


まー、それでも。
意地でも休みが必要と主張すれば、多分休ませてくれると思うんですけど。

結局、そうさせないのは自分のプライド。

自分しかできない仕事が生まれてしまった責任は、きっと自分と組織の半分半分。
とは言え、何にせよ、『敵前逃亡は士道不覚悟』ですからね。

2回連続で長期休暇を逃すのは、いささか不本意ではありますが。
それ以上に不本意なのは、自分の責任を果たせないこと。


…結局、自分で自分を縛ってるってのは、わかってるんですけどね…。

そういう性分に生まれついて、そういう立場に身を置いた以上、仕方の無いことですから。
恵まれている環境にいるんだと思って、もうちょい頑張ります。

Goodbye, my summer vacation.


まだ@Dallasですが、無事に4日間の出張日程が終わりました。

半年前にこの地を訪れたときは、初めて業務で通訳を担当することになり。
できるわけあるかーいと思っていたら、本当にできず。

英語を勉強し直して見返してやる、と思ったものの。
業務多忙につき(言い訳)、結局全然しておらず。

とは言え、3月,5月と同じようなSE兼通訳の出張をこなすうち。
何となーく、そこそこ程度には戦えるようになってきた気がします。


半年前に、私のエセ通訳の実験台になった先輩は。
当時は、英語を話そうという素振りさえ見せなかったのですが。

毎月のように、長期の米国出張をこなすうち。
なーんか意外にフツーに、たまに英語で説明や反論をするようになっていました。

人間って、挑戦する意思さえあれば、何とかなるものなんですね。


ま、私の通訳は、やっぱり所詮はエセ通訳なので。

日本語で60秒で話した内容なら、20秒の英語になりますし。
英語で60秒で話した内容なら、10秒の日本語になります。

英語の一部を聞き取れていなかったり、単語やニュアンスを正確に翻訳できないがために、どうしてもこうなってしまうのですが。
楽観的に解釈すると、それくらいでないと会議に時間がかかり過ぎるのかなぁと。

あと、脳内で言葉を噛み砕く分だけ、発言の意味がわからないと、その場で上司に聞き返して、しばらく翻訳せずに日本語で議論してしまうこともあります。

逆に、自分の担当分野の議論をしているときだと、勝手に英語で話を進めて、しばらく上司が放置されたりもします。


…コトバだけで食べていくのって、本当に難しいんでしょうね…。

人生5回目のハワイ出張、なんとか終了。
といっても、自分はまだホノルルですけど。

出張前準備の月曜日を含め、平均睡眠時間は4時間に急減。

「その言い方じゃ納得してもらえないよ」と言われたって。
いや、言われなくてもわかっているつもりなんですけど。

そんな微妙なニュアンスを、英語で表現できたら苦労しないのです。

プレッシャーのせいで満足に眠れないなんて、何年ぶりだったか。
とにかく、この上なく疲れた3日間でした。

世間様にとっては、この地は常夏の楽園なのでしょうけど。
自分にとっては、良くて仕事場・悪くて戦場となりつつあります。


ま、それでも好きなんですけど。


20080531_1.jpg



最終日は、打ち合わせも夕方に終わり、上からのオサソイもなかったため。
心身ともに、束の間の解放時間。

「日本に帰ったらボーナスだぞ」
「アメリカのものはアメリカで買った方が安いんだ」

そんなことを言いながら、先輩が凄まじい勢いで買物をするので。

こちらも負けじと、Cole Haanで靴を購入。
しかも2足、即断即決で。

…荷物が倍に増えちゃいそうです。

ハワイは物流コストがかかるので、本土よりは高いのだろうと思いますが。
それでも、日本に較べると遥かに安いんですね。

日本人が海外で買物に耽る理由が、少し理解できた気がします。


夜は夜で、ワイキキのくせに日本人観光客が全然いないスポーツバーで、
くだらないビデオゲームをやって盛り上がっていました。


日本に帰ってからは、また厳しい日々が続きそうですが。
明日は明日の風が吹いてくれるのでしょう。


20080531_2.jpg


件のTOEICの結果が、やっと返ってきました。

無事に、海外派遣研修の規定点数を超えていました。
それどころか、僅かながらに自己最高点を上回るというオマケつき。

残存アルコールのせいで集中力に欠ける状態で受けていた割には、我ながら天晴れです。
目の前にぶら下げられたニンジンが、よっぽど大きかったのでしょう。


とは言え、まだまだチケットの抽選権が手に入った程度、というのが実情で。

マネージャや本部長を説得して、推薦を受ける必要がありますし。
派遣人数も決まっているので、社内調整もあるでしょうし。

そもそも、業務との折り合いがつくかどうかなんて、さっぱり不明ですし…。
上司は上司で、全く別の国内研修に私を送り込みたいようですし…。


ま、人生なるようになりますよね、きっと。
後は、運を天に任せます。 ← 本音は評価面接で最大限アピるつもり
3年半ぶりくらいに、TOEICを受けることになりました。

公的なものではなく、社内模試なのですが。
前日は別の資格試験→飲み会というdeadly horribleな流れなのですが。

このタイミングでしか、受けざるを得なかったので。
甘んじて受け入れました。


会社の海外派遣研修にエントリしようと思ったら。
直近3年間のTOEICスコアで、xxx点以上だと必要だと言うのです。

そんなん余裕っすわと思っていたら、知らぬ間にスコアが失効している事実。
…。

そりゃま、フツーに受験すれば、規定点数を超える自信はありますけど。
前日、飲み会なんすよねぇ。

で、せめてシミュレーションくらいはしておこうかなぁと。
すっごい久しぶりに、対策本を買ってきました。

所詮、受験テクニック:英語力=7:3の試験なので。
なんとかなるだろう、と思いながらも。

自分の人生にとっては、それなりの影響がありそうなので。
最低限、いつぞやの飛行機乗り逃しみたいにはならないようにはしないと。
実はですね。
今日(3/20)から5日間ほど、シンガポールあたりに逃亡する予定だったのです。

休暇の予定が決まったのが、3/18。
飛行機のチケットを予約したのが、3/19。

往路は、10時台発か17時台発かという選択肢があり。
3/19の夜に飲み会が入っていたので、17時にしようかとも思ったのですが。

"そんなオトナなマネはしちゃいけねぇ"と、朝便で予約。

で、前日は微妙に終電を逃してタクで帰ることになり。
あれこれ準備をしてから眠りにつき、目覚めたところ。

8時ちょい前でした。

一瞬、"頑張れば間に合うのでは"との考えも頭をよぎりましたが。

どう考えても、離陸する飛行機を見送るくらいの時間にしか着きそうになかったので。
オトナしく諦めました。

  1. 海外逃亡すると何か問題が起こるという天の啓示
  2. "なんとなく近いから"というだけで国を選んだ自分への罰
  3. 経験則から起きられると過信していた自分がバカなだけ


いろいろ考えましたが、ほぼ確実に、答え-3です。

今までは、起きるべきときには何があっても起きられたんですけどね。
もう、そんな若さは無いのかもしれません。

前日の晩、9年ぶりに再会した高校の同級生に、"昔より若返った"と言われ。
内心、ちょっと喜んでいたのですが。

体力は、確実に衰えています。
激しく実感。

飲み会が予想以上に楽しかったせいか、不思議と後悔の念はありません。
とはいえ、これを教訓として、自己管理はもうちょっとマジメにしないと…。

というわけで、帰ってきました。
で、早速ですが、近々また訪れると思います。

ハワイ。
仕事で。

出張できること自体は、嬉しいのですが。
いつ行くことになるかが、わからないので。

休暇の予定が立てられないのです。

会社の制度上、この3月に5日間ほど休みを取る義務がありまして。
スリランカあたりに逃亡しようと画策していたのですが。

リスクが高すぎて、飛行機のチケットを取る気になれません。
また、5営業日も連続して会社を離れられる気がしません。

ついでに、月に2回もハワイと往復したりするとなると。
正直、休暇でまで長距離のフライトに臨む気にもなれません…。


かと言って、国内で地味に消化するというのも、プライドが許しません。
12月に上海に行ったのは事実ですが、あんなのはオヤツみたいなものなので。

4泊5日くらいでいいので、この際近場でもいいので。
どこかに行かないと。

もはや、意地を通り越して病気かもしれません。


朝方、何とか散歩だけは

しかし、4回もハワイに行って、1回も海に入っていないヤツ。
アラモアナまで買物に行って、本屋に1時間入り浸っただけで返ってきたヤツ。

ま、出張だから仕方ないんですけどね。

来週、2年ぶりにハワイに行きます。
もちろん、仕事です。

日程は、2泊4日です。
ガフッ(吐血)

もーちょっとゆっくりさせてくれてもいーのになー。


しかしまぁ。

扶養家族がいないせいか。
仕事のどこかに趣味が入り込んでいるせいか。

未だに、社会人という自覚が希薄な人間なのですが。

よく考えたら、あと1ヶ月ちょっとで6年目。
そこそこいい年次なわけです。

物見遊山で出張はさせてくれませんよね、そりゃ。
役割自体も、そこそこ以上にクリティカルなものですし。


四の五の言わず、やることやってきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。