Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ツタヤが半額キャンペーン中だったので。
何か映画でも借りようかなと思って、立ち寄ったら。

まかり間違って、"機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争"を借りてしまいました。

お子ちゃまの頃から周囲の影響でガンダム好きだったのですが、そもそも私が生まれる前に始まったシリーズですので。
ちゃんとリアルタイムで見れたのは、この"ポケットの中の戦争"からだったのです。

この作品は地上波ではなくOVAというかたちで供給されていたのですが、当時は我が家にビデオデッキはありませんでした。
後に万博の会場となる愛知県青少年公園に行くたびに、視聴覚室的なところに入り浸ってこのアニメを見ていた記憶があります。

今にして思うと、不健康な小学生なのですが、それはそれとして。


今回見始めた当初は、アニメ絵が鼻について受け入れづらかったのですが。
思っていた以上に作品性が強く、期待以上に面白かったです。

ガンダム自体、少年が戦争に参加する筋立てが多いのですが。
この"ポケットの中の戦争"では、主人公は小学生。

かつ、直接戦争に参加してドンパチやるわけではなく、あくまでそれを脇で見ている立場。
"ポケットの中の戦争"という副題どおり、子どもの目線からの戦争が描かれていました。

所詮、非現実的な世界観ではあるのですが。
生活に突然入り込んできた戦争に心を躍らせる主人公たちに、当時何も考えずにGulf warにワクワクとしていた自分が、妙にリンクしたりして。

いろいろ考えさせられました。

ロボットアニメの割に、かなり大人向きな内容です。
とは言え、万人にお勧めできるかというと、やっぱりそうでもないんですけどね。


最後に、話はややズレますが。
安彦良和原画展が、現在川崎市市民ミュージアムで開かれているそうです。

こういうのが好きな方がいれば、ぜひ一緒に行きましょう☆
東京にいる人では、正直同好の士はあまり思いつかないのですが。

まぁ誰もいなければ、愚兄なり何なり、然るべき人を連行します。

ちなみに、我が家から自転車圏内のようで。
かなりフロンターレな場所です。

スポンサーサイト
巷で話題のミートホープさん。

そろそろ、皆さんも私のリアクションは読めてくるかと思いますが。


偽装って意外にバレないもんなんすねー、とむしろ感心。

だって、20年以上ですよ。
私くらいの年齢なら、生まれた時からずっと騙されていたのかもしれないんですよ。

そんなに長い間欺かれていたウソは、ちょっと記憶にありません。

などと思っていたら、この手の行為は業界では日常茶飯事だと見る向きもあるようで。


ま、無果汁でフルーツジュースが作れる世の中ですから。
ミンチがちょっとばっか合挽になっていたって、そうそう気付かないのかもしれません。

賞味期限の1日や2日は、言うに及ばずです。


もちろん、法を破ったと言う意味では今回の事件は看過できないのでしょうけど。
人工的に味を創り出せる化学調味料や、衛生基準の適格性も、十二分に考える必要のある問題という気がします。


ちなみに、我が家の冷蔵庫では、オトウフがさっそく消費期限をオーバーしてました。

えぇ、もちろん気にしませんともそれくらい。
酸味あるカオリが漂うまでは。

…でも、豆腐ってそもそも10日間も保つものでしたっけ…?

日曜日の夜に、柄にも無く長電話。

相手は、家族でも恋人でも友人でもなく、元上司なわけですが。

雄飛と雌伏。
字面から性差別的なものを感じつつ、どちらが良いのかを悩みつつ。

結局、まだ耐えることを選びそうです。


とは言え、このところ振幅の頻度も強さも上がってきているのも事実。


今なら雄飛とされる行為が、蛮勇を経て無謀に変わっていくという認識はあるので。
悩んでしまうわけです。

飛び出すなら今のうちじゃないかとか。
一方で、もう少し待てばより良いチャンスが巡ってくるんじゃないかとか。


手にしたものを失う怖さを、徐々にわかってきている今日この頃なので。
悩んでしまうわけです。

現状に安住するのも悪くないんじゃないかとか。
一方で、このまま飼い殺しにされちゃいけないんじゃないかとか。


海外雄飛。
ホント、響きだけは良いのですが。
結婚するとの由。

というわけで、飲み会あーんど胴上げ。


同期の半分以上が院卒という環境のせいもあり、気付けば既婚率が上がってきました。

その割に子持ち率が低いのは…みんな忙しいからでしょう、きっと。
電磁波の影響…とかではないはずです、きっと。


それはそれとして。

とりあえず、男性陣もいろいろ苦労しているんだということがわかりました。
プロポーズの話とか、結婚の挨拶に行ったときの話とか。

みんなみんな、頑張ってます。


うんうん。
うんうんうん。

うーん。


みなさん、お幸せに☆

…しゅこうりゅうかい。

異業種交流会。

こういうのは初めてなのですが。
むしろ、初めてだからこそ行ってきました。

行ってみると、意外に面白いものです。
二次会で数年ぶりにお会いしたサークルの先輩含め、色々な刺激がありました。

やっぱり、自分よりレベルが上の方とお会いするのは良いものです。

外資系証券、すごいです。
これも色々な意味で、自分には絶対無理な職種ですが。


あと、趣旨として"合コンではない"と聞いていたものの、結局それに近いものがあったあたりも面白かったです。

ま、人がたくさん集まればそうなるのが自然なのでしょう。
いい若者がビジネスの話ばっかりするよりは、遥かに健全な気もしますし。

本日、ボーナスで買ったもの。

  • バドミントンのラケット
  • ハイエンドげ、とはいえ所詮扇風機
  • 飲み会車座用クッション


いじょ。

あと、敢えて言うなら先週購入した通勤用カバン。

残りは、とりあえず貯金。
もとい、適当に使われていく旅行資金。


クルマを持つ気はさらさら無し。
トケイは新人時代に購入したもので十分。

テレビは堕落に繋がるので不要。
カメラみたいな趣味も無し。

エアコンは取り付け工事が面倒くさいし、部屋の構造上極めて非効率。
パソコンは老いたりとはいえまだまだ現役、vistaはもちろんアウトオブ眼中。


カネにならない仕事はしたくないと言う割に、カネの使い方を知らない。
そういうイキモノなんでしょう。


趣味が、海外"貧乏"旅行ですからねぇ…。
温暖化ガスを2050年までに50%以上削減、日本・EUが一致

さっすがEUです。
素人が聞く分には耳を疑いそうな数字ですが、この"とりあえずビジョン"という姿勢が無ければ大欧州は実現しなかったと言われると、何となく納得させられもします。

現時点では何の具体性も無くとも、40年以上先の話です。
やると言ってしまえばできるのかな、という気もしてしまうのです。


一方で我が国首相も、ちょっと前からこの目標を掲げていました。
正直、"ありえんやろ"としか思えませんでした。

しかし、同じ言葉が欧州から出てきたら、"本気かも"と感じてしまっています。
why?


と考えたとき、チーム・マイナス6%という言葉が浮かんできました。

たぶん、かなり精密に検討した上での数字だったんでしょうけど。
この目標すら達成困難とされる中で半減と言われてもなぁ、ということなのかもしれません。


いずれにせよ。
手の届きそうな小物から、着実に仕留めようとするのか。
大言壮語と言われようとも、long shotを狙っていくのか。


どちらが良いか悪いかという話でもないのでしょうが。
少なくとも、向き不向きというのはあるような。

何か、彼我の差が垣間見える気がします。

大学時代の友人たちと、スポーティー企画あんど飲み会。

神戸市の某所で行われていたイベントの、裏番組みたいなものです。
きっと。

栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川と。
面白いことに、関東一円の都県から、それぞれ1名ずつ参加してました。


で、それはそれとして。

自分、ヤバイっす。
アルコール耐性が急激に落ちてます。

一部では、それなりに呑める人間と誤解されていますが。
実は、もともと酒に対しては弱い生き物なのです。

だいたい半年に一回くらいのペースで、酒に呑まれてしまうのですが。
ちょうど前回が今年の1月末だったので、やっぱり約半年ぶりに。


完全敗北。


しかも、相手はビールと日本酒だけ。
アルコールが一滴でも入ると見境がなくなる悪癖はそのままに。

何か、すっごい弱体化してます。
せっかく鍛えたアルコール耐性が、思いっきり剥がれ落ちてます。

このところ、ある程度自覚してはいたのですが。
疲れのせいなのか、年のせいなのか。

また、自分の限界が見積もれなくなってきました。


参加者の皆様には、この文章をもって無事帰宅の報とかえさせていただきます。
ご心配をおかけしました。

投稿時間からして、家に帰るなりバタンキューというのがモロバレですけど。


さしあたり、伊勢丹で購入した通勤用カバンが無事だっただけでも良しとしておきますか…。


あ。
そういえば、今日(6/4)も会社の飲み会だった…。


うぅぅぅ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。