Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この日は1人部屋だったこともあり、それなりに朝はぐったり。
少なくとも、起きたのはお陽様が顔を出してからでした。

昨日中にお湯が出ないことを確認していたシャワーを浴びていると。
外では、やたら元気な関西弁が聞こえてきます。

そういや、日本人が泊まってるんだったっけ…。

しかし、シャワーから出てきたところ、既に姿は無く。
別段気にせず、朝の散歩に出かけました。


20070930_1.jpg
大聖堂。やっぱり白と青が…

20070930_2.jpg
ワンコは朝から日陰でぐったり


散歩は1時間弱で終え、部屋で朝食と荷造りを済ませ、出かけようとしたら。

遭遇。
通路のテラスで、関西人は黙々と朝食中でした。

早朝の声の様子からして3人かと思ってたのですが、2人でした。
さすが関西人…。

最低限の礼儀として声をかけたら、速攻で巻き込まれ、朝食をご馳走になることに。
この勢いと、それでいて溶け込みやすい空気が、ホントにさすが関西人…。

ここで出会った関西お姉さまズも、同じ火山ツアーに参加するようだったのですが。
私は当日中に島を出ようと思っていたので、念のためチケットを予約しに、別行動。


そしたら。
次の目的地へのフェリーが、満席でやんの。

いや、厳密に言ったら空席はあったんですけどね。
それは、午前2時に目的地に着くという、旅行者にはあまりに不便なチケットで。

最悪、ここでもう一泊するかと思いつつ別の旅行会社に向かったところ。
飛行機だったら、最後の一席が余っていると言われました。

"金≦安全・時間"という、経験則に基づく公式に則り、その場で購入。
ま、50ユーロ程度の差でしたしね。

よくよく考えてみると9.11という日付だったりもしますが、
こんなところでテロを起こすほどヒマな人間もいないだろうと、そこは楽観視。


ちなみに、この日を含め何度か旅行会社に足を運びましたが、
見せてもらったPCの予約画面はどれも同じものでした。

よほどメジャーなパッケージがあるのか、
政府や運輸業界から提供されたソフトなのか。

データは各社バラバラなのか(旅行会社が個別に座席の枠を持っているのか)、
全国的に一元管理されているのか。

状況から察すると、どちらも後者だと思うのですが…ま、職業病ですね。


予想外に時間をくったので、ツアー発着所のOld Portへは駆け足で。

580段もの階段をロバの背に乗って往復できるのが、観光名物らしいのですが。
どちらかというと、580段もの階段を埋めつくすロバフンの方がインパクト大です。

しかも、ロバ遅いし。

地雷を踏まないように気をつけつつ、ロバをごぼう抜きにし、
何とか時間どおりに目的地に着くことができました。

いやぁ…臭かった。


そうして参加した火山ツアーは…あんまり面白くなかったので割愛。
ガイドのおばあちゃんの英語の発音しか、記憶に残ってないくらいです。

火山ツアーの後は、海に飛び込んで天然温泉まで泳ぐというイベントがありました。
が、予想外の海の深さに、あえなく途中でリタイア。

いやぁ、プールと海って、全然違いますねぇ…。
壁や床を蹴っての加速ができないのが、あんなにツライとは。

途中までは頑張ったのですが、浮き輪で救出される人を目撃し、
グロッキーになる前に自主的にヘルプを求めましたさ。

とってもカッコ悪いですが、エーゲ海で泳ぐという目的は達成できたので、
良しとしておきます。


20070930_3.jpg
けーっこう、距離があったんですよねぇ


ツアー後は、関西お姉さまズのご相伴にあやかり、一人ふらふらと空港へ…。

と思ったら、向こうから手を振ってくる女性が1人。
誰かと思いきや、例の中国人女性、三度目の遭遇です。

こうなったら運命か、と思うより先に。

"やっぱり東アジア人にサングラスは似合わねっすよ"と感じるあたり、
やっぱり自分はダメ人間です。

ま、向こうの体調が快復していたようだったのは何よりですが。


で、空港。
セキュリティチェックが妙に適当だなぁと思ったら。

人生最小(20人乗り?)の飛行機で、人生最短(15分程度?)のフライトでした。
眠りに落ちる余裕すらありませんでした。

20070930_4.jpg
飛行機はこんなの

20070930_5.jpg
客席から操縦席が観賞できるわけです


着いた先は、クレタ島のイラクリオンという街。

日本出発前は、名前だけでロドス島に行きたいと思っていたのですが。
ちょっとばっかし遠かったので、諦めてこちらに来たわけです。

空港からのバスは"ここだ"と思う位置で適当に降り、
宿はどこにしよっかなーとブラブラ歩き。

いろいろ巡った挙句、一泊30ユーロの個室のホテル…
がキレイ過ぎたので、一泊10ユーロのユースホステルにしました。

ま、一泊10ユーロの値段に恥じぬ、
随分と暗くて寂れた雰囲気のお部屋でしたが、所詮一泊するだけですから。


シャワーを浴びた後は荷物を置いて、街歩きへ。
夜9時を回っても外国人が安心して歩けるというのは、素晴らしいことです。

でも、街としてはいたってフツーの都会という感じ。
観光地ではないのか、少なくとも東アジアな人は全然いませんでした。

一通り歩き回った後、レストランでムサカとワインをいただいて、
本日は旅行終了。


20070930_6.jpg
市場っぽい通り。ここはあんまり都会っぽくないですが


ちなみに、この国で大きく感動したのが、レストランが1人でも入り易いという点。

タベルナと呼ばれているのですが、オープンテラス形式で、
屋外にもテーブルが出ているところが大半なのです。

空間的にも入りやすいですし、1人で食事をしている人が他にもいると分かると、
他にも仲間がいるんだなーという気持ちになりますし。

お値段もそこそこ妥当な範囲で、味や栄養バランスが良いのもポイント。
独り旅好きな人には、そういった意味でもオススメな国です。

スポンサーサイト
一応、ギリシャ旅日記を連続して書き進めるつもりだったのですが。
どーしても書きたい話があるので、小休止。

本日は、江ノ島と横浜というベタなコースでデート。
※デート: 誰かと、どこかに、2人で出かけること。相手の年齢性別その他属性は不問

上記の個人的定義どおり、浮いた話ではないので、皆さん変に期待しないでください。
単に、"デート"という言葉を使うのが好きなだけです。


閑話休題。

江ノ島は3年前に寮から自転車で激走して以来ですが、ちゃんと観光したのは初めて。
けっこう楽しめました。


20070924_1.jpg
生しらす丼。昼間からビールですが、ま、味見程度に

20070924_2.jpg
岩場で、中型魚の生頭部を2つほど発見。自然に還るだろうとはいえ、衝撃的でした

20070924_3.jpg
囚われの神龍。存在自体が痛々しい…連れ合い大爆笑

エスカという名の有料エスカレータが、何とも言えず印象的でした。
そりゃま、お年寄りには坂道はキツイですよね…うんうん。


閑話休題、アゲイン。

私がどうしても自慢したかったのは、ややしょっぱめの逢瀬ではなく。
このプラチナガンダムの展示です。

偶然新聞で見つけたのがきっかけですが、頭の中は朝からプラチナ一色でしたさ。
宝飾店に男1人では入りづらいので、ちょうど良いチャンスだったのです。

20070924_4.jpg
壁紙にしよっかな… (クリックすると拡大画像が表示されます)

いやもうね、小学生の頃にはしゃいでいた、金メッキの武者頑駄無とは大違い。
プラチナの鈍く美しい輝きに、もうウットリです(笑)。

総重量1.4kg、お値段は3,000万円相当。
しかも、個別パーツを組み合わせて作られているため、可動式だそうです。

おおおおおおぉう! ← 発狂気味
300万円だったら、購入して家宝にしていたかもしれません。 ← 独身貴族

全国のGINZA TANAKAを回っているようなので、ガンヲタなみなさんは要チェックです。


ちなみに今調べたところ、実はこのプラチナガンダム、結構前から出てた話らしいですね…。
情報感度落ち気味かも。
結果。

朝4時起き。
久しぶりに老人病が復活したなと思いつつ、まぁ良かったかなと思いつつ。

自然覚醒ではなく、同室の見知らぬ人がもぞもぞと起きだしたのが原因なんですけどね。

何はともあれ、無事に予定通り出立。
早朝で真っ暗闇の中のアテネは、夜とは打って変わって静けさが漂っていました。

地下鉄で港町まで移動し、適当な店でチケット購入。
若干シーズンも外れてるせいか、何ら問題無く話は進みました。


20070922_1.jpg
vodafoneの広告入りフェリー。赤い彗星はリアルだとヤバイかも…

やっぱり船旅は良いです。

飛行機も電車もバスも良いですが、一番燃えるのは船かも。
デッキで浴びる風と水飛沫が、旅情を感じさせるんですかね。

…いや、これは個人的な趣味か。


20070922_2.jpg
着岸寸前。海のキレイさもさることながら、機械の動きに惹かれます

目的地は、ちょうどエーゲ海の真ん中あたりにある、サントリーニ島。
私の目当ては火山ツアー。

ふと気付いたら、周囲にはカップルばかりが目につきます。

きっと、この島に来る人の大半は、別の目的なんだろうなと思いつつ。
偶然荷物持ちを手伝った、同じく一人旅の中国人女性と話しつつ。

急峻な崖を、バスで登っていきました。

で、バスを降りた瞬間、客引きのオバサンにつかまり、宿決定。
他の宿泊者も、日本人ばかりだと言います。

引っかかりやすいんでしょうねー、きっと。
安かったから良かったですけど。


宿に着くなり荷物を置いて、独りでビーチに行きましたが、そこは割愛。
透明度は高かったものの、若干寒く、むしろ物悲しかったので。

泳いでいる人は皆無で、みなさんビーチで寝転がって読書か睡眠という感じ。
天気も曇り気味だったので、もはやシュールの域に達していました。

ジーンズの下に仕込んだ海パンは、日の目を見ることはありませんでした。


というわけで、エーゲ海で泳ぐのは取り敢えず諦め。
速攻でバスに乗って向かったのは、"歩き方"曰く夕日が素晴らしい、イアという街。


20070922_3.jpg
その夕日。marvelous!!

夕日自体も素晴らしかったですけど。
個人的に面白かったのは、その夕日を観に集いし人々と、その人数。

白人の方も大勢いらっしゃるのですが、ここで急に目についたのは、中台韓日な人々。


20070922_4.jpg
水平線に沈みきった瞬間には、拍手すら起きていました

歴史的・思想的には、多少の反目はあったとしても。
写真の撮り方、現地でのはしゃぎ方。

東アジア圏も、意外に簡単に1つになれるのではと、勝手に思っていました。


20070922_5.jpg
観るものを観て、帰投を開始する船。航跡がステキ

20070922_6.jpg
白と青が似合います、この街は


帰る前からの心配どおり、バスは劇的に混んでました。

何時間も前から来て待機している人を含め一斉に帰るのだから、当然なのですが。
花火大会と同じようなものですね。

ここで、例の中国人女性と再び遭遇。
この人も英語が堪能だなと思っていたら、ロンドン留学を終えたばかりとのこと。

周囲に中国人も日本人もいるのに、何故か2人で英会話。

私も旅行先で日本人と話すのが好きではないタイプなので(だったので)、
性格的に似通ったものがあったのかもしれません。

ま、相手はモデルばりの美貌と高身長だったので、
まず間違いなくカップルには見えなかったでしょうけど。

身長が同じなだけに、股下は向こうが1.2倍、座高はこっちが1.2倍みたいな(笑)。


無事中心街まで帰った後は、彼女は体調不良との事で、薬局までつきあって解散。

食事も、観光地で1人でレストランに入りたくはなかったので、
結局ファストフードと酒少々を買って帰って済ませました。

ウゾという現地のスピリッツも買ってみたのですが…予想通りお味はイマイチ。
慣れれば美味しいのでしょうが、泡盛みたくクセがあり、初心者にはちょい厳しかったです。

いい感じに酔ってきて、そろそろ寝ようかなと思ったら。
街からはデモ集会のような演説や、暴走族みたいなラッパ音が聞こえてきます。

このときは事情をよくわかっていなかったので、
"ギリシャもいろいろあるんすねぇ"程度にしか思っていなかったのですが…。

旅日記とか、正直面倒くさいと言うか、時間無いし厳しいなぁと思っていたのですが。

去年の記事を読み返してみたら。
去年も、旅行明けに大遅刻をしていたことが発覚し。

今年も、程度はマシなものの寝坊した現実があまりに痛く。
記録を残しておくことはやはり重要だなぁ、と思ったので。

また、某所から圧力がかかったという経緯もありつつ。

今回は書いてみることにしました。

とは言え、仕事は相変わらず火が点いており、あんまり時間を割けないのも事実。

ってなわけで、敬体・常体交じりの殴り書きでいっちゃいます。
あと、まず間違いなく毎日は続かないので、そこんとこもよろしくお願いします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

初日。

航空会社がAir Franceだったため、パリ経由で到着。
アテンダントさん方が、やたらフランス語を使うのでちょっと困惑。

私の目的地はギリシャなのです、フラ語はわからないのです、と言いたくなる。
英語を使って話しても、最初は"むっしゅ"だったり、最後は"めるしー"だったり。

とは言え、わかる範囲の単語なので、しまいにはこっちも"おるぼわーる"とか使ってみたり。
おのぼりさんチックな自分がいましたさ。


で、アテネ。
ちなみに、英語での発音をカタカナ表記すると、"ェアシンズ"って感じです。

空港では観光情報が皆無だったので、とりあえず街中の観光局に向かう。

しかし、あろうことかシェスタのためお休み中。
外国人相手のお仕事なのにねぇ…ま、郷に入っては郷に従えということですか。


というわけで、まずは予約していたホステルに行くことに。
前回インドで大失敗したので、初日だけは予約しておいたのです。

ちょっと成長?

ところが、ここのレセプションもシェスタで開店休業状態。

部屋には入れてもらえたものの、担当者がいないからということで、
チェックインの手続きは後回しに。

郷に入っては郷に従えということですね、ハイ。
ベッドに寝転がって戦略を練った後に、市内観光へ。


20070919_1.jpg
ゼウス神殿よりアクロポリスを望むの図

20070919_2.jpg
アドリアヌス門。ギリシャの空は青いです


しかしまぁ、意外に日本人がいないのには驚き。
結局、この日は1人も会わなかった気がする。

そういえば、空港からのバスには、中学生くらいの白人女の子4人組がいたなぁ。
あの年齢から、保護者なしで海外旅行か…。

EUは本当に国境が無いです、ハイ。


20070919_3.jpg
古代アゴラよりアクロポリスを望むの図

アクロポリスは遠距離ショットしか載せてないのは、パルテノン神殿が修復作業中で、
どう写真を撮っても鉄骨や重機が写ってしまったからです。

昔の修復作業がいかに間違っていたかをしつこく語る説明書きに、
ちょっと萎えてしまったというのもありますが。


20070919_4.jpg
夕暮れ時。鏡面仕上げのビルに映るはリカヴィトスの丘

20070919_5.jpg
国立図書館。ステキ


15時間超のフライトの後だというのに、無謀なまでに歩き回る自分。
結局、博物館以外の見所は初日の数時間で全て回ってしまいました。

せわしなくてゴメンね、アテナ。
日本人サラリーマンには時間が無いのですよ。


20070919_6.jpg
ギロという、ケバブを細切れにしたような料理。ポテト邪魔だなぁ


ホステルは4人部屋だったものの、結局話をしたのはルーというArgentine girlのみ。
公用語はスペイン語のはずなのに、英語がとてもお上手。

当人曰く、「英語を喋れないと旅行もできないし、仕事も見つからないからね。」
かっこええ。国際人や。

…いや、逆に日本人の感覚が遅れすぎてるだけとか?
"The World Is Flat"ですからねぇ。


そんなこんなで、夜は更けていきます。
明日はフェリーの都合で5時起きの予定。

ま、逃したら逃したで、アテネで時間を潰せばいいだけなんですけどね。
チケットも次の宿も、予約なんてしてませんから。

満室や満席のリスクを背負いつつも得られる、この自由度。
独人旅の醍醐味です。

というわけで、無事に帰国しました。

恥ずかしながら…。

  • ひげそり: 1週間くらい剃らなくても何とかなります
  • 日焼け止め: 彼の地の太陽は強烈でしたが、敢えて使いませんでした
  • 整髪用ワックス: 面倒くさいので帽子で誤魔化しました


ということで、結果的に、現在かなり小汚い風体をしています。
鏡で自分の顔を見て、横井庄一さんかと思ってしまいました(失礼)。

でも、面白いので、髭は翌朝ギリギリまで伸ばしてみます。
怖いもの見たさで観察してみたい方は、今日中に連絡してください(笑)。

ま、現地最終日に一緒に行動していた人からは、「その髭と日焼けで会社行ったら、チョー感じ悪いよ」と言われてしまいましたけどね。


それはそれとして。
たったの1週間の旅だったものの、いろいろ思ったこともあります。

が。
恒例の"時差ボケハイ"な状態なので、落ち着くまで言葉にするのはやめておきます。


こんなこと言ってると、また何も書かずに終わっちゃうんでしょうけどねー。

I don't really wanna use the Internet during my trip,
however, I need to check e-mail periodically for my work...

I am afraid I should get a 3G mobile phone that works all over the world.
My current mobile has roamig function, but the area is restricted.


Anyway, I am doing well in Greek.
I am at Kalambaka, a city famous for a world heritage called "Meteora".

Aegean Sea was marvelous, but this scenery is more impressive for me.
Anyone who is interested in, please search "Meteora" and visit here!

I'm getting a little tired because of very tight schedule, but to enjoy this country as much as possible, I'll keep walking and moving in the rest of my trip.

Not as European tourists, we Japanese are not allowed to take vacation for several weeks.
It means we (or just I) have no time to take a rest during the stay, even though it may cause some serious problems after I get back to Japan and get back to my work.

*Please ignore if there are any spelling or grammar mistakes in this article...
諸事情により、今日は台風だとわかっていながら、ビニ傘で出勤しました。

思っていたよりは、堅調にもってくれたのですが。
オフィスビルに入る直前で、風に煽られ崩壊しました。

傘にあたるビニール部分が、見事に剥ぎ取られて飛んでいったのです。
シチュエーション的に、もう放っておいても良かったものの。

さすがに、それは近所迷惑かなぁと思い。
わざわざ、強風の中を走って追いかけ、捕獲しました。


で、エレベータの中なんかで、よく見てみると。
ビニール自体は、破れてもおらず、傷ついてもおらず。

骨もどこかは折れていると思っていたら、単純に芯から外れていただけで。

結局、ものの60秒足らずで、再生できました。


決して、再利用性を考慮した作りになっている訳ではなく。
粗悪な構成がもたらした、タナボタ的な復活なのでしょうけど。


抗い難い力に対し、無駄に抵抗して玉砕するではなく。
素直に降参し、早期の再生を目指すということ。

そういった戦略も重要なのかなと、妙に感じ入ってしまいました。


この週末から、ギリシャ行きですから。
無駄に哲学してみます。


しばらくは連絡がつかなくなりますが、悪しからず。
この字面、大好きです。
手前味噌ですが、"釈迦堂"くらい気に入りました。

もとい、なっちゃんナイス☆

閑話休題。
今日は学生時代の友人たちと、山梨まで葡萄狩りに行って参りました。

わかったこととしては。

葡萄(正確には巨峰およびマスカット)は、二房が限界ということ。
葡萄でおなかが満たされても、桃は別腹で入るということ。
あと、ほうとうは美味しいということ。

やっぱアレっすね、
味においても、多様性や変化というのは大事ですね。


帰路は、大渋滞に巻き込まれ。
諸事情により、東北自動車道に乗って大宮まで拉致られましたが。

運転手が眠らないように頑張った部分があるは言え。
約4時間、ぶっちゃけ話ばかりで盛り上がれたのは、非常に楽しかったです。

やっぱアレっすよ。
男女間においても、友情は成立しますよ。


ジョセフとワムウの"無言の男の詩"くらい、奇妙な友情かもしれませんけど。
…マニアックなネタでスイマセン…。


この週末、こちらでは随分涼しくなり。
何か、いかにも夏の終わりって感じです。

そりゃそーですよね。
もう9月なんですから。

もっとも、週明けからまた気温は上がるみたいですけど。


昨日、美容師さんに。
「今年の夏はどうでした?」と世間話を振られたとき。

「…暑かったですね」と、超々一般的な回答しかできませんでした。

もともと冬生まれで熱に弱い私は、夏はあまり好きでないのですが。
好き嫌い以前に、特に社会人になってからは、夏と相性が悪いのです。

盆地の岐阜や、神戸のボロ下宿に比べると、暑さ自体は許容範囲なものの。

まず、仕事の巡り合わせが悪いです。

自分がどう動くべきか分からず、ただただ足掻いたりもがいたり。
出張も入らず、いまいちテンションが上がらなかったり。

で、生活時間の大半を占める仕事が不調なせいか。
プライベートでも、総括すると「ダメな日々」なことが多いです。

責任の所在は自分自身にあるというのはわかっているのですが。
夏特有の開放的な気分にあてられて、様々な活動を試みるものの。

結果としては「失敗」とか「負け」ばっかなんですよねー、ホントにもう。

今年の夏もそんな感じでした。
楽しいことや感動的なことも、ちゃんとありましたが。

トータルで考えると、やっぱり「ダメな日々」でした。
で、美容師さんの世間話にも、苦笑しながら受け流すくらいしかできなかったのです。


夏の終わりって。
日が落ちるのが早くなって、セミの声も聞こえなくなって、帰り道も肌寒くなって。

確かに、もの寂しい時期ではあるのですが。
個人的には、「やっと自分の季節が来た」と思う時期でもあるのです。


不思議なことに、自分の大好きな出張は、毎年秋から冬にあるんですよね。
今年も随分待たされましたが、そろそろ具体的な話が出てきたので。

やーっと、本当の意味でテンションが上がりそうです。

この秋冬は、良いことがありますように…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。