Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
メテオラ観光、第2ラウンド。

麓にあるカランバカの町からの観光バスは、1日2回のみ。
朝の9時と昼の13時で、もちろん狙うは前者。

朝のバスで修道院を巡り、昼には町に戻り、神託の地デルフィに向かうと。
前日の疲れも何のその、我ながら欲深いシナリオです。

まぁ、このシナリオは結局頓挫することになるわけですが…

20071014_1.jpg
朝市。油断してたら寒かったです


20071014_2.jpg
何となく街中から


さすがに、このバスには結構観光客がいました。
その中には、昨日のフィンランド人少年2人の姿も。

とは言え、こちらはゆっくり回るほどの時間が無いので、
適当に世間話をしつつ、さりげなく個人行動。


最初に行ったメガロ・メテオロン修道院では、
何故か戦争関係の展示があったのが印象的でした。

60年程前には、ドイツなど枢軸国との戦いがあり。
さらにその前には、トルコによる侵略があり。

それがいまや、トルコからはどうかわかりませんが、
少なくともドイツやイタリアからは多数の観光客が訪れているわけで。

平和は有難いなぁという一方で、有事が平穏に変わるまでの時間を考えると、
その逆もまた真なりなのかなぁと思ったり。


20071014_3.jpg
ヴァルラーム修道院。 どうしても遠景の方が絵になる…


そんなことを思いながら次のヴァルラーム修道院を巡り、
昨日来た道を逆走しようと思ったら、背後から突然呼び止める声が。

誰かと思いきや…Finnish boys, again.
あー、もうこここまで来たら運命ですね、これは。

2人組みのうち片方はかなり饒舌で、もう一方はとことん無口という、
バランスの取れた組み合わせ。

そのせいか、ちゃんと話してみると結構面白くて。

フィンランドは欧州にしては珍しく徴兵制があり、
兵役前に仕事を辞めて旅行をしているのだそうで。

軍人の卵だけあって格闘技の話とか(ワタシは一応元柔道部)、
アメリカは日本人から見てどうなのかとか、
果ては映画"300"の役者の体作りまで…幅広く語らってました。


20071014_4.jpg
Finnish boys


20071014_5.jpg
アギア・トリアダ修道院にて


そんなこんなでメテオラ観光も終了し、トリカラという街を経由して、
最後の観光地デルフィに向かうはず…だったのですが。

いやもう、バスに乗り込んだときからサイアクだったんですよ

乗客の7割は、高校生だか大学生だか、やたら騒ぎまわる少年少女の群れ。
運転中に歩き回るなよ、音楽聞くんならイヤフォンつけろよと。

ま、学生なんてそんなものなんでしょうけどね…。


それはそれとして。

デルフィに行くには、4時間ほど行ったアムフィサという街で一旦降り、
そこから別のバスに乗る必要があったのですが。

初ギリシャな旅行者には、どこがその街なのか分かるはずもありません。

とは言うものの、バスに乗るときも検札に回ってきた時も、
アムフィサで降りるということは告げてあったので。

運ちゃんが途中で教えてくれるだろうと期待していたのですが。

到着予定時間を過ぎても、その気配は全くありません。
バスが多少遅れているのだろうと、最初は大きく構えていたものの。

日が沈み始めても、一向に着く様子は無く。
ときどき道路に見えるアムフィサへの方向・距離表示は、不規則に入れ替わり。
挙句の果てには、明らかに海岸沿いな道を走り始め。

…あれ、もう行き過ぎているんじゃぁ?

この疑惑が確信に変わるまでは、あまり長い時間を要しませんでしたが。
その頃には、時既に遅し。

海を挟んだ対岸のペロポネソス半島に渡る、
明石海峡大橋のような巨大なアーチがライトアップされていました。


途中停車した際に運ちゃんに抗議するも、
"とにかくバスに乗ってくれ"の一点張りで、全く聞き入れてもらえず。

そして自分としても、中途半端な場所で降ろされて途方に暮れるよりも、
ちゃんとした地名がわかる場所まで行った方が安心なのではという判断が働き。

結局、バスの終点であるパトラの街まで行くハメになりました。


ハイ、予定外です。
この時ほど、選挙運動の騒音と、うるさいだけの花火に腹が立ったことはありませんでした。


20071014_6.jpg
とりあえずやけ食い


とは言え、来てしまったものは仕方が無いので。
神託の地に、"何となく"で行こうとしていた無神論者への罰かなと思い。

串焼き食べて、ビール飲んで、とっとと寝ました。
旅先でのトラブルは楽しむためのもの、ですからね(笑)。
スポンサーサイト

柔道部だったんだ!
意外ー!

2007.10.14 23:07 URL | けびぴょん #- [ 編集 ]

> けびさん
我ながら意外にも、中高6年間柔道部でした。
自分自身は、へちょへちょでしたけどね(笑)。

2007.10.15 00:11 URL | まつを #y5BLKcXE [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekodora.blog73.fc2.com/tb.php/245-f6c4008d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。