Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
だいたいまぁ、高校・大学の友人は、20代後半というお年頃なので。
年に1回のやりとりとは言え、いやだからこそ、年賀状なんか見ていると。

"結婚しました"とか、"結婚します"とかが、とても目立ちます。

場合によっては、"おめでたい!!"という喜びだったり。
場合によっては、"おー、ついにか"という驚きだったり。
場合によっては、"え、アナタが…"という微妙な思いだったり。


本日、来ました。
三番目。

軽くダメージ。
ダウンにはいたらないものの一瞬呼吸が止まるボディーブロー、みたいな。

たぶん。
その程度と言えばその程度に過ぎない、微妙なダメージ。


もっとも、私自身。
まかりまちがって、結婚宣言なんかしちゃったりしたら。

相当程度に驚かれ、かつ意外がられる自信はありますけどね。
何の自慢にもなってませんけど。


ま、今は結婚が一番花盛りなトピックとはいえ。
これがいずれ子どもの話になり、さらには不健康自慢になっていくんでしょう。

うーん、どっちにもついていけない恐れアリな自分。


10年後とか20年後には、どんな年賀状をかいているんでしょうね。

意外に落ち着いた生活を送っていて、家族写真をプリントしているのかも。
はたまた、中国かインドあたりで、やたら楽しそうにピースしているのかも。

うーん、何故だか後者しか妄想できない自分。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekodora.blog73.fc2.com/tb.php/271-3f0c18c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。