Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お仕事上の関係がある某米国人が、このフレーズを使ってきました。

ラジオか、テレビか。
いずれにせよ、"チャンネルはそのままで☆"的なノリを感じる言葉なのですが。

ビジネスでも使うんですね、こういう表現。

日本生まれの日本育ちが知らないだけ?
そう思われてなめられているだけ?

"I will keep you posted"じゃダメだったんすか?

ま、いずれにせよ。

その前につらつらと並べられた言い訳より、確認を依頼した質問事項にいつご回答いただけるかを知りたいんですけどねー、こちらとしては。

そんな、時差と異文化交流をいつも以上に楽しんでいる今日この頃です。


それはそれとして。
この前の日曜日に偶然発掘した、"The Reign of Kindo"というアーティストがステキでたまらないのです。

今日はちょっと余裕があったので、適当にググってみたのですが。
タワレコでbest positionにフェーシングされていたにも関わらず。

どうも、まだまだ浸透度が低い(っていうかインディーズ?)ようだったので。
ちょっとこの場で宣伝してみようかな、と思った次第で。

店頭のポップにあったとおり、まさにJazzとRockを融合したような音楽。
しかも、Jazzのかおりが優勢でありながら、他の音楽性も取り込んでいるような。

ついつい、延々とリピートしてしまう魅力があります。


ちなみに、同梱の歌詞カードによると、中心メンバが影響を受けたアーティストは"Ryuichi SakamotoやNobuo Uematsu"だそうです。
何か、自分が気に入る理由が納得できました。

…万が一後者が分からない人は、そのままググってみてください。
かのTime誌にも、音楽の革新者として名が挙がったことがあるそうですよ…。


何にせよ、この"The Reign of Kindo"の音楽も、間口が広そうですし。
CD自体(アルバム名が"EP"?)も、1,260円と格安なので。

街中で見かけたたら、ぜひ一度手に取ってみて下さい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekodora.blog73.fc2.com/tb.php/298-93a8047e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。