Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
初体験でした。
ある意味、文字通りの二日酔い。

通常の二日酔いのように、頭痛や吐気に襲われたわけではないのですが。
頭がふらついて、動悸がして、思考が曖昧で。

最後のアルコール摂取から、7時間は経過していたはずなのに。
アセトアルデヒドに分解されず、アルコールのままで残存していたような感じです。

特別気持ち悪いというわけでもなく、かと言って酩酊時のような昂揚感もなく。
二度寝をしようにも動悸が激しくて寝付けず、1時間以上ベッドに張り付いてました。

"こんな状態で会社に行っていいんだろうか?"とは、思いつつも。
意を決し、通常どおりの時間に出社。

予想に反し、仕事をするには差し支えありませんでしたが。
意識が明瞭になってきたのが9時過ぎで、二日酔い的頭痛が始まったのが12時頃。


肝臓の経年劣化もここまで来たか、とややショックでしたが。

冷静に考えてみると、先週木曜日から6連続で飲み。
しかも、直近の月曜日は飲んべえとサシ飲み、火曜日は飲んべえズと集団飲み。

単純に肝臓に負荷をかけ過ぎただけな気がしなくもありません。

思い返してみると、昨晩から"今日のお前はおかしい"と言われていました。
たぶん、その時点で既に臨界点を突破していたのでしょう。


某業界誌の最新号は、『だから部下が「うつ」になる』が特集テーマでしたが。
こと自分の場合、鬱より急性アルコール中毒の方が危険かもしれません…。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekodora.blog73.fc2.com/tb.php/299-16c26323

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。