Pearly Gates

...If heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨晩。

会社の先輩と、元協力会社の方が。
久しぶりに会うというので、お食事会の場にお呼ばれしていました。

ただ、偶然仕事が沢山降ってくる日だったので、予定どおりには会社を出られず。
途中から参加することになりました。

で、やっと会社を出て、向かった先は東急東横線綱島駅。
駅に着いた後、さてどこにいるのかなーと思って電話をすると。

「駅を出てすぐの通りを進んで、ケンタッキーの隣にあるミスタードーナツです」

…。

あ、そうなんですか。
30代と40代のオトコ2人組で、ミスドにいらっしゃるんですね。

で、実際に足を運んでみると。
大学生やら新社会人やら、よくわかりませんがキャピってる女の子たちの空間に。

居ました。
敢えてこう形容しましょう、オヤジ2人が。

「いやー、あそこのスタバでもいいかなとは思ったんだけどねぇ」

…いや、違うでしょう。
スタバなら理解できますが、ミスドに中年男性2人はありえんでしょう。

とはいえ、私も郷に入っては郷に従う人間なので。
そのまま、夕食がわりのドーナツを頬張りながら場に馴染んでいたわけですが。

聞いてみると。
一次会は、何と回転寿司。

…いくら、片方がお酒を飲まない人とはいえ。
レーンを回るお寿司を横目に、何を語らおうと言うのでしょうか?


仕事柄、文化的背が大きく異なる、中国や米国の方と関わる機会が多いので。
「自分の常識は世界の非常識」と思うように、努めてはいるのですが。

獅子身中の虫、とはよく言ったもので。
身内の感覚の方が、よほど侮れません。

愛すべき方々なのですし、ね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekodora.blog73.fc2.com/tb.php/307-6fb78752

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。